ゴミを捨てるときの注意

メンズ

捨てる前に確認

廃棄物処理の廃棄物の中でも、どうやって捨てればいいのか困るものってたくさんあると思います。その方法は様々ですが、ときには業者に廃棄を依頼し捨てるために、お金がかかるものもあります。家具などの廃棄物処理も、民間企業が行う粗大ごみ回収に依頼します。ですが、まだ使えるものがある場合、リサイクルに出すのもいいでしょう。自治体によっては、リサイクル品と認められるものは、無料で引き取ってくれる所があります。市のホームページなどで確認してみましょう。また、パソコンを捨てるのは、もし修理されデーターを復旧されると不安なので、躊躇いますよね。しかし、パソコンは、引取やリサイクルを行っているメーカーがほとんどです。これは、メーカーに型番やシリアルナンバーを伝えると、引取可能かどうかわかります。以上のように、廃棄物処理する前に、リサイクルに出せるものかチェックしてみるのもいいでしょう。不要なお金をかけずに済む場合があります。

市町村の許可が必要

廃棄物処理の業者は、市町村や許可を得て仕事をしています。実は、無許可で廃棄物処理を行うことは禁止されているのです。毎週廃棄物を回収しにくる業者がいますよね。この人達は、一般廃棄物処理を行う人で、市町村の許可を得ています。市町村に許可を得ることで、その市町村の廃棄物処理ができるようになります。それに、不用品回収や特殊清掃などで、ゴミを回収してくれる業者も、許可を得ています。つまり、許可を得ている業者は安心ということです。大掃除をしていると、どうしても小さなゴミから、大きなゴミもたくさん出ますよね。でも、だから無料での引き取りを謳い文句にしている業者に、安易に廃棄物処理を頼まないでください。もしかしたら、あとで料金を請求される可能性もあります。個人で廃棄物処理を依頼するときは、きちんと市町村で許可を得ている、信頼できる業者に依頼してくださいね。