適切な処理が大切

ごみ

廃棄方法は注意が必要

混合廃棄物は、一般的な建設廃棄物の処理場で処理できない場合があるので、適切な処理場を探すことが重要です。大抵の業者はいつも使っている処理場を利用しますが、混合廃棄物までは取り扱っていない場合も多いでしょう。ただ、大抵は地域に最低でも1か所は混合廃棄物を処理できる施設があるので、そのような場所を探して処理することが大切です。最終処分場はほとんどの物を取り扱っていますが、その分金額は高い場合が多いです。一般の建設廃棄物に比べて、同じ重量でもコストが多くかかることを覚えておくことが必要です。契約した時点で、発注者が通常の廃棄物で処理費用を見積もっていたら、実績重量の変更だけでなく、廃棄物の種類についても混合廃棄物に変更してもらうように打診した方が良いでしょう。

仕分けも重要

混合廃棄物は、必ず専用の処理場を使わないと処理できないというわけもないです。自分たちで、重機や手作業で分別すれば、一般の建設廃棄物として安く処理することも可能です。ただし、工期が短い場合や作業員が少ない場合は、そのようなことをしていられないので、現場監督員はその辺りの調整をうまくやることが必要でしょう。特に工期が長く、取り壊し後の建設などに間が空いてしまうような場合は、そのような分別作業を行って処理することにより、コストカットを図ることが可能です。また、処理場が複数ある場合は、見積もり比較したりダンプトラックで運ぶ距離などを比較することも大切です。このような努力が少しでも大きな利益につながるのです。