跡地での処理の一環

瓦礫

見過ごせない作業

住環境の解体作業を行った時や、何らかの災害が起きた後では、その土地に残された廃棄物の処理が重要となります。その中で行われる作業の一環となるのが、瓦礫選別と呼ばれる工程です。瓦礫選別とは一般的に、解体作業の後に出る産業廃棄物や、災害の後で生じる災害廃棄物とも呼ばれる瓦礫を選別し、様々な物質や物体に分別する作業を指しています。こうした産業廃棄物や災害廃棄物の多くは、可燃ごみから不燃ごみに至るまで全てが混ざったままの状態で出される事がほとんどとされます。その中には有害な成分が含まれている事もあれば、再利用が可能な物質が含まれている場合もあります。瓦礫選別ではこうした瓦礫を専門の機器や手作業によって細かく調べ、本当に廃棄すべき分だけを廃棄し、出来る限り無駄が出ない様にする目的があります。

作業による主な利点

こうした瓦礫選別という工夫を施す利点として、先に述べた重要な物質を採取して無駄を減らす事の他にも、いくつかの点が挙げられます。まず第1の理由として、重要な品を探し出す、という目的も挙げられます。災害廃棄物の場合は災害に巻き込まれた被災者の住居があった区域から、思い出のモノや貴重品が採取されるケースもあるとされます。また第2の理由として、途上や復興が必要な国あるいは地域での技術活用が挙げられます。瓦礫選別の様な技術は、先々に再建が必要な環境において不可欠とされており、材料選別やリサイクルによる無駄削減に繋げる事になります。こうした利点をより高めるために現在では、瓦礫選別の方法やシステムにも工夫が施される様になったと言われています。瓦礫処理を行う区域を屋内型として、周辺に埃などの影響が出なくなるようにしたり、処理情報をインターネット管理できる様にしたりする、等の向上が図られています。

円滑に行う方法です

工場

産廃処理の際、産廃処理業者に依頼をする必要があります。その産廃処理業者は地域の都道府県知事の許可を受けて業務を行っています。しかし、業者は2種類存在し「収集運搬業」と「処分業」に分かれており「処分業」の者しか知事の許可を受けていないため、「収集運搬業」の者が産廃を処理をしないように注意が必要です。

詳細を確認する...

ゴミを捨てるときの注意

メンズ

廃棄物処理の仕方を悩む廃棄物の中にも、市町村やメーカーでリサイクルができる場合があります。捨てる前に確認しましょう。また、廃棄物処理の業者は、市町村での許可が必要になります。個人で廃棄物処理を依頼する場合、この許可があるか業者に依頼しましょう。

詳細を確認する...

適切な処理が大切

ごみ

混合廃棄物は、適切な処理場で処分することが大切です。場合によっては、自分たちで分別して一般の建設外気物と処理することも有効でしょう。細かいい部分でコストカットを行い、少しでも利益を上げることが大切です。

詳細を確認する...